カルミアスタッフのブログ

2017/08/08

一流のたしなみ

私事ですが、
5歳から剣道をしていました

今は引退し稽古をすることは

なくなりましたが、時々運動を

兼ねて素ぶりをしております!

 

常に日本一になることを目標にし

日々励んでいた稽古ですが、

その時の指導者に

「二流は一流に勝てない」

と常に声をかけられていたのを

覚えています。

 

何故勝てないのか、

日本一になる為には

何故一流になる必要があるのかを

いつも考える訓練を

していました。

 

そして、全国大会で勝ち上がる

選手を見た時、素ぶりや

技の基本だけでなく

挨拶の仕方、丁寧な言葉遣いや

テキパキとした行動が

目に入りました。

 

人として当たり前のことが

当たり前にできていることに

気付き、練習量や才能ではなく

普段の行動や態度が

勝負の場で発揮されるんだな、

と感じました。

 

カルミアに入社し

「一流」を目指す環境の中で

再度『一流とは?』と考えるように

なりました


仕事と剣道では目指すものが

少し違うかもしれませんが、

行動や態度という面は共通しており、

どの場にいたとしても

必要なものだと思います

 

その為、私は挨拶や言葉遣い

だけでなく

身だしなみや表情も

日々振り返るようになりました。

 

これからもお客様・患者様に

『あなたが担当で良かった!』と思って

頂けるような看護師になる為、

日々意識を高めていきたいと

思います

 

看護師 藤本莉帆